草刈りも終わって、さっそく畑を耕したいところですが、
その前に、畑で使う道具や資材を保管できる物置小屋を作ることにします。

現状、道具類は畑に置いてブルーシートを被せて保管してるんですが、
ずっとそのままって訳にもいかないだろうし、今後道具はどんどん増えてくるはずなので、
物置小屋はどうしても必要なのです。


設計

一応、ノートに簡単な設計図を描いてみたんですが、下手すぎて全然役に立たなそうだったので、いきあたりばったりで進めちゃうことにしました。

IMG_3224



遣り方(やりかた)

まずは、柱を立てるための踏石を、水平かつ正確な位置に並べるために、遣り方(やりかた)という作業が必要です。
建築現場でよく見るやつですが、もちろんやった事は一度もないので、得意のインターネッツを駆使して見よう見まねで頑張ってみました。

主にこちらのサイトを参考にさせていただきました!

まずは、大矩(おおがね)という巨大な三角定規的な道具を自作して、
物置を作る場所の外周からちょっと離れたところに杭を打っていきます。

IMG_3047

 で、こんな↓感じに水糸という黄色い糸を直角に張り巡らせていきます。

IMG_3072
 
IMG_3075

これで、遣り方作業は終了です。
精度は……。

まっ、物置なので、多少歪んでても大丈夫でしょう。
 
その2へつづく


 
奥さんと2人の子どもとのんびり暮らしてます。