千葉県の成田市に引っ越してきてもうすぐ丸4年になります。

もともと群馬県生まれの僕にとっては、成田といえば「空港!」ぐらいのイメージしか無く、まさか自分が住むことになるとは思ってもいませんでした。

それまでは、日本一ハイカラなまち「横浜シティ」に住んでいたので、引っ越しが決まった時は正直なところ「成田かぁ」というちょこっとネガティブな気持ちが無きにしもあらずだったのですが、実際住んでみると、横浜とは違った魅力が盛りだくさんの大変住やすいところでした。

そんな魅力的なまち成田なんですが、僕が「成田に引っ越してきて良かったなぁ」と思える一番のポイントが、「房総のむら」です!!
 
「房総のむら」は県立の参加型の博物館で、日本の昔の暮らしを体験しながら学ぶことができます。
 
体験型のテーマパークって結構色々あると思うんですが、ここは個人的にツボすぎる個性的な体験がたくさんあって、年間フリーパスを買って通い続けてしまうほどハマりまくっています!

で、ここの体験のひとつに「張子の絵付け」っていうのがあるんですが、毎年1月〜2月は、その年の干支の張子の絵付け体験ができるので、引っ越してから毎年通って干支を集めているのです。

というわけで、日曜日に、今年の干支の絵付けをしようと思って房総のむらに行ってきました!!




IMG_4532

入場料、おとな300円(小学生以下は無料!)を払って入場すると、昔の街並みを再現したこんなロケーションが広がります。
(ちなみにですが、ここ、そんなに人気スポットではないので基本的に空いています…)

ちょいちょいドラマや映画の撮影にも使われているみたいで、僕も数回撮影現場に遭遇しています。

この建物ひとつひとつが中に入って見学できたり、何かを体験できるようになっています。

が、しかし…
お目当の干支の張子の絵付けがこの日はお休み…!
また日を改めて来るしかないな…。


気を取り直して…
せっかくきたので、煎餅焼き体験(1枚100円)してきました

IMG_4538

IMG_4540

IMG_4547

焼きたての煎餅は香ばしくってめちゃくちゃ美味しい!


続きましては、木版摺り体験。
一色刷りのぽち袋は50円。二色刷りのカレンダーは150円で体験できます。安い!!

IMG_4565

 IMG_4577

IMG_4578

可愛いフクロウを選びました。
図版は8種類ぐらいから選べます。どれも可愛かったです。


体験だけでなく、職人さんの仕事風景も見学できます。

IMG_4557

今日は、鍛冶屋でプロの職人さんが仕事していました。
個人的に職人さんの仕事ぶりや道具をみるのが大好きなので、こんな近くで気軽に見学できるのは本当にたまりませんです。

しかも…!
この鍛冶屋の仕事は体験もできるのです!
人気の体験で、参加できる人数も少ないのでなかなか予約がとれないのですが、鍛冶屋仕事を体験してオリジナルの小刀を作ることができるのです。すごくないですか…?

このほかにも、鰻の捌き方講座とか、杉玉づくりとか、他ではなかなか体験できない、日本の伝統技術を学べる講座が盛りだくさんなのです。(こちらで年間の体験スケジュールを確認できます




見学&体験でお腹も空いてきたので、街の中にあるお蕎麦屋さんでお昼を食べました。
夏はとろろそば、冬はあたたかいうどんを食べることができます。

IMG_4589

かみなりうどん(600円)。
店内の説明によりますと、
かみなりうどんは、江戸時代後期の料理本「素人包丁三編」<文政三年(1820)刊>に掲載された料理のひとつです。豆腐やその他の具を油で炒めたものをうどんの具にしています。
「かみなり」は、油で具を炒りつける音の例えと考えられています。 
とのことです。なるほどなるほど。
豆腐とキクラゲがたっぷりのっててお腹いっぱいになります。
あと、100円で炊き込みご飯のおむすびを付けることもできるのですが、
このおむすびも、房総のむらで育てたお米をつかってて最高に美味しいです!




さてさて、お腹も満たされたので次に進みます!

が、ちょっと長くなりそうなので、今日はここまで。
つづきは後日アップします〜


 
奥さんと2人の子どもとのんびり暮らしてます。